テセウスの舟 漫画のネタバレ 2巻

テセウスの舟 第8話のネタバレ

心の免許証を盗み見た父は、母にあいつは怪しくて危険だから
うちに置いておけないといいます。
母は堂々とした態度でしばらく家に置いてあげようと思うといい対立するのです。

幼い兄や姉と遊びながらずっと10年間あっていない姉兄に思いをはせる心。
この村で起きる事件は食い止めようと必死になる心。

過去を変えるとどうなるのか、答えは出ないけれど
これから起きる悲劇を知らんぷりできないと思う心です。

無差別殺人事件の被害者、木村さつきの家に向かう心
さつきの父に、通勤する途中で雪崩が起きるから車で行くなと忠告するのですが。

そこへ心の警察官の父が車でやってきます。
無理やりさつきの父の車を追いかけさせる心、何が何かわからないまま従う父。

心の忠告を全く受け入れないさつきの父は…

▶テセウスの舟 漫画の無料立ち読みはこちらから

テセウスの舟 第9話のネタバレ

無差別殺人事件で父が逮捕され死刑判決を受けてから
母はビクビクしながら子ども3人と暮らしています。

心に誕生日プレゼントなど送るなと伝えて、と弁護士に強い口調で
言い放つ母。引っ越したばかりなのにバレたら…

幼いころからつらい思いをしてきた心は
生まれてくるべきではなかったかと自問自答していたのです。

心の予告通り、雪崩が起きて間一髪で命拾いをした
さつきの父は時間も場所もドンピシャ、予知能力があると心をほめたたえます。

それを聞いていた心の父は、やはり…と心の中で思うのです。

母のおなかの中の子に名前を付ける、という話になります。
姉の鈴は、心と名前を提案、母も賛同しますが
父は強固に、正義と言う名をつけようとします。
心は父に聞きます、あなたにとって正義とはなんですかと。

生まれながらの悪人はいない、一人の人間を救いたい、どこかの悪人を救いたいと応えます。
自分の子どもにもそうなってほしいと。

俺は正義のために生まれてきた、それがなぜこの世に生まれてきたかの答えだったのだ。
そう思う心です。

そこへ北海道警察第1課の金丸が千夏ちゃんの件で、聞きたいことがるとやってきます。

▶テセウスの舟 漫画の無料立ち読みしてみる♪

テセウスの舟 第10話のネタバレ

駐在所に連れていかれて取り調べを受ける心。
病院からパラコートを盗んだことを指摘され、千夏を殺したんだろうと
言われる心。

心は考えます、怪しいのは佐野だといったらどうなる?

そこへ鈴と慎吾がやってきて、
10000円札と10円、どっちがほしい?と金丸に聞かれます。
慎吾がいらない、と答えると

途は4つあると話し始める金丸。
10000円を取る道、10円を取る道、断る道、
チャンスが向こうからやって来て両方奪うという
もう一つの道があるんだと。

そんな話をしているところへやってきた心の父に
金丸は心の荷物を全部持って来いと佐野に命じます。

昨日、雪崩があって心のかばんとか全部、
雪崩に巻き込まれてしまい手元にない、そう説明する佐野です。

さらに続けて金丸は父に聞きます、拾ったパラコートというのは、
すぐに続けて父はパラコートに似た洗剤容器だったと意外にも言うのです。

佐野の説明に不信さを感ずる金丸ですが

また来ます、私には選択肢がいくつもある、
そう言い残して金丸は去っていきます。

感想

心はパラコートの容器を隠し持っている佐野に疑いを持っています。
金丸は心を疑い、所持品を持って来いと佐野に要求するのですが

佐野は荷物は雪崩に巻き込まれた、パラコートの容器ではなかったと偽ります。
佐野の心の中で何か大きな変化が起きているようですね。

心は最大のピンチを実の父によって救われたのです。
もし佐野が本当のことを話していたらそのまま連行されて
ひょっとしたら殺人犯として投獄されたかもしれないですよね。
未来からやってきた心は
事件が起きる前の父に救われている、不思議な感覚を覚えます。

テセウスの舟 第11話のネタバレ

世界で一番

金丸刑事が帰宅した後、
なぜ、お前はパラコートを盗んだのだと佐野は心を問い詰めます。
黙っている心に佐野はいいます、千夏ちゃんを助けるためだろう?と。
鈴を転落事故から救い、雪崩から木村さんを救った。
そして千夏ちゃんも救うためにパラコートを盗んだのだろう。

佐野の質問に、はいと返事をした心。

その後、露天風呂へ一緒に行こうと心は佐野に誘われます。
裸になってふたりは心を割って話します。

自分には生まれたばかりの娘がいること、
出産直後に妻を亡くして母と暮らしていると。
そして自分は2017年の未来から来たことを佐野に告げます。

この村にこれから事故や事件が起きるのであれば
教えてもらえないだろうか、未然に防ぎたいからと佐野に頼まれる心。

何のために?という心の質問に、佐野は正義のためと即答します。

心は佐野の人間性を知って布団の中で歓喜の涙を流しています。
自分が理想に思っていた父とは、どんな時も家族と向き合える男であると。

誰かが、カセットテープで自分の声を録音している場面。
千夏を殺して5日経過、バレない
現場に線香やお菓子、手紙が置かれてあったが
ニヤけてきて必死にこらえた。次のターゲットも決めている…

▶テセウスの舟 漫画の無料立ち読みしてみる♪

テセウスの舟 第12話のネタバレ

佐野の家に雪崩で命拾いした木村の娘、さつきが訪ねてきます。
小学校で教員をしているさつきは心に、臨時職員として働くことを提案します。

佐野は心に、なぜ学校の先生になりたいのか聞かれます。
昔事件があり自分は子ども達を守るしかないと思ったと打ち明けます。
佐野は事件とは?と聞きますが、心はかたくなに口をつぐんだままです。

心がここに来たことには意味があると、突然佐野の口から言葉が出ます。

心は小学校の校長の面接を受けて来週から働くことになります。
校長が用意したおみくじクッキーが振る舞われ、さつき先生は大吉、
佐野は大凶、心はジョーカーをひき当てます。
見方によってよくも悪くもなるのがジョーカーと校長に説明されます。

▶テセウスの舟 漫画の無料立ち読みはこちら

感想

佐野に事件のことを聞かれても
説明することは絶対にできない心です。

人の一生を狂わせるほどの大事件、
しかも実の父に待ち受けている未来を軽々しく言えるはずありません。

佐野がしつこく問いたださなかったのは
心の沈黙から、心に直接かかわりあいがある、よほどの事件と
感じ取ったのではないでしょうか。

未来のことがわかったらいいなぁと漠然と
私、しおりも思うこともありましたが、
待ち受けているのはいいことばかりじゃないですよね。

誤認逮捕され殺人犯として投獄される佐野の未来を
心が言えるはずありません。

テセウスの舟は、多くの問題を投げかけてくる
本格的ミステリー作品ですね。

>>漫画を紹介しているまとめページへ

タイトルとURLをコピーしました